Monday, January 09, 2012

iPhone 3GS バッテリー交換


opened
開封直後

先日子供に3GSが動かなくなった言われた。4Sに乗り換えたとき出た余剰の3GSを子供に渡していたのだが、結構便利に使っていたらしく動かなくなると不便らしい。言われて見てみたら、確かにフロントが浮き上がっていて押すと液晶に圧力がかかった時特有の表示になる。聞くと、使っていると突然落ちるなどの現象があるということだった。
言われた後も、しばらく放ってあったのだが、使えない様子が哀れだったのでとりあえず開けて見ることにした。
例によってググったら、分解方法のサイトがいろいろあり、その通りにやってみる。
その時に一番参考になったのが、「iPhoneを開けてみよう(iPhone 分解 電池交換 
+αの巻)」
どうせ、そろそろ電池交換はしなければいけないと思っていたので開ける気ではあったのだがなんとなく面倒で先延ばしにしていたが、いよいよその時が来たようだ。

最初に引っかかったのが、例の吸盤を付けて引っ張って開けるというやつ、どこまで力を入れて良いのかがわからなく少々苦戦した。
このあと、手元の3Gも開けたのだが、不思議なことに一度開けると割りとサクサク開けられる。
上の写真だとわかりづらいが、開けてみたら基板の中央が盛り上がってる。

close up no.3
(3)のロックを外したところ

外す順番に番号が付いているのが凄い。(1)、(2)と外して、(3)で少し迷った。手元の白い部分が、ロックになっており上にあげると解除されて上の写真のような状態になる。ここが少しわかりづらかった。
最近のデバイスをでは良くあるパターンのコネクタらしいが直ぐには分からなかった。

(5)までコネクターを外してからネジを外すと基板が取れる。こうなると、BATTERYが下にある。

Balloon?
膨張したバッテリー
パッテリーを見て驚いた、パンパンに膨れ上がっている。「大丈夫なのか、これ?」が第一印象。

logic board up side
メインのロジックボード


logic board down side
メインのロジックボード裏


frame
電池を外した後

バッテリーだけを取り出してみてもパンパンだ。これは凄い。

balloon battery
バッテリー APN:616-0431


ググッたら近くに aiLabo http://www.ailabo.biz/ という修理パーツを売ってる所を発見、電話したら直ぐに入手できるということだったので、訪問して3GS用のバッテ
リーを入手。(1,800円)相変わらず、Google のあまりの便利さには驚かされる。

現在のバッテリー(APN:616-0431)と新しいもの(APN:616-0435)を並べて撮影。

old and new
左(APN:616-0431)が古いもの、右が新品(APN:616-0435)

バッテリー交換で、無事元気に動くようになった。

電池が寿命になったらこんなに簡単に入手、交換できるのだから、なんだかんだ言ってApple は偉大だ。
Post a Comment